日本で人気のあの飲み物:エジプト発祥って知ってた?

 

 

みなさん、ビールは好きですか?

 

これからの季節、だんだん飲みたくなってきますよね。

 

 

そんな、ビール。じつは、エジプト発祥だって知っていましたか?

 

 

以前、ブログで、パンはエジプト発祥と書きました。

 

 

ビールもパンと同じ頃、古代エジプトで誕生していたのです!

 

 

紀元前・古王国時代には、すでに麦の栽培が始まっていた古代エジプト。

 

これにより経済の基礎を築き上げてきました。

 

世界初のビールは、発酵パンとともに、このとき誕生しました。

 

 

ビールについての記述は、紀元前2000年頃から、お墓の壁画や象形文字のレリーフで確認できます。

 

ルクソール・王家の谷にある墓の壁画には、ぶどうを摘み取っているところが描かれています。これ。

 

 

しかし。ナイル川流域の文明の発展からみて、紀元前3000年頃には、すでにビールが造られていたと考えられているようです。

 

すごいですね。

 

当時、ビールは庶民の飲み物だったとされ、平民の家でビールを造っている様子も残っています。そして、そのビールを売るのは、女性の仕事でした。

 

ところが、イスラム教が入ってきた西暦7世紀には、ビール造りは1300年にもわたって衰退してしまいます。 

 

現在のエジプトでも、禁酒を守るイスラム教徒が多いですが、ビールやワインを楽しむ富裕層などもいて、街中には、お酒を買えるお店もあります。

 

もちろん、ホテルや観光スポットでは、旅行者や外国人は自由にお酒を飲めるので、アルコール好きな人も、安心してくださいね。

 

有名なビールは、「STELLA」と「SAKARA」です。これ。

 

 国内向けと海外向けの2種類が製造されており、海外向けの方がおいしいという話も。

 

飲み比べてみるのもいいですね。

 

また、エジプト産ビールやワインだけでなく、南アフリカなどの輸入品も買うことができます。

 

エジプトのビールやワインがまずいと思ったら、そちらをどうぞ。

 

でも、まずは、純エジプト国産のビールやワインをぜひ試してみてくださいね♪