機内食ランキング1位のカタール航空:ビジネスクラスのメニュー

 

これ、カタール航空・ビジネスクラスの前菜の写真です。

 

 

カタール航空。

 

みなさん、利用したことありますか?

 

わたしは、エジプトへの渡航には、いつもカタール航空を利用しています。

 

理由は、好きだから。

 

現在、直行便がないので、カタールでトランジットをしなければいけないのが面倒なんですけどね。

 

まあ、カタール空港も広くてきれいで楽しいので、いいんですけど。

 

 

今までに34ヶ国を旅したわたしは、いろんな航空会社を利用してきました。

 

ANA、日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、ルフトハンザ航空、アリタリア航空、ニュージーランド航空、シンガポール航空、トルコ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、スイス・インターナショナル・エアラインズ、タイ国際航空、ガルーダ航空などなど。

 

エアラインランキングで上位10位までを占める、ほとんどの航空会社を利用しましたが、その中でも、カタール航空はかなり好きです。

 

2015年ランキングでは、カタール航空は、総合8位ですね。

 

ちなみに、機内サービスは7位、エンタメ4位、設備5位、接客6位。

 

機内食はなんと1位です!

 

 

今日は、カタール航空・ビジネスクラスの機内食についてです。

 

 

ランキング1位の機内食。どんな感じかというと。

 

ビジネスクラスでは、搭乗後、すぐにCAさんが挨拶に来て、ウェルカムドリンクを出してくれます。ナッツとともに。シャンパンやスムージーなどもありますよ。

 

そして、最初の写真のように、前菜が運ばれてきます。

 

写真は、3種のチーズ(マスカルポーネ、フェタ、ゴーダ)にオリーブ2種、季節のフルーツと、イチゴのスムージーです。

 

メインディッシュは4つから選べ、そのうちの1つがこんな感じ。

 

このときは、ハラール料理(イスラム教徒のための豚を使わない料理)を頼みました。

 

中東の伝統料理、フムス(ひよこ豆のペースト)とタヒーナ(ゴマとヨーグルトのペースト)の上にあるのは、魚のパイ包み焼きです。

 

パンは、たくさんの種類の中から選べ、おかわり自由です。

 

もちろん、料理もパンも、あたたかいものを用意してくれます。

 

そして最後に、デザートとコーヒー・紅茶がつきます。

 

 

このときのデザートは、ラデュレのチョコレートケーキでした。

 

(ラデュレに興奮し、デザートの写真は撮り忘れました。すみません。)

 

カタールの機内食は、おいしいので好きです。

 

 

設備、機内サービスもよいです。特に問題ないです。

 

でも、接客は、やっぱり日本の航空会社が1番だと思います。

 

 

座席はこんな感じ。

 

 

わたし的に、問題は、エンタメです。ランキングでは、エンタメは4位ですが。

 

なぜ問題かというと。

 

カタールはイスラム教の国ですよね。ですから、宗教上の問題で、映画の種類が少ないように感じます。

 

例えば、「エクソダス 神と王」。

 

当時、日本では、上映される前だったので、機内で見れるのを楽しみにしていたのですが、やっていませんでした。

 

映画の内容は、旧約聖書の出エジプト記をもとにして、モーゼに率いられたヘブライ人がエジプトを脱出する話です。

 

歴史的な話が違うなど、いくつかの批判もあって、エジプトとモロッコでは作品公開が禁止となりましたが、カタール航空でも見ることができませんでした。

 

 

というわけで、エンタメの不満は少しありますが、基本的にカタール航空が好きです。

 

50%オフなど、割引キャンペーンもけっこう出ますので、わたしはよくチェックしていて、安いときにチケットを買うようにしています。

 

運が良ければ、7万円〜のチケットもゲットできますよ!

 

 

みなさんも、旅行する際は、ぜひカタール航空を使ってみてください♪